X-T10、その7

もうそろそろ新レンズのXF90mmも発売になりますね。今回は残念ながら自分は見送り。
XF55-200mmとそれほどサイズも重量も違わないんですよね。大きく重くなってしまうと不精者の自分はあまり持ち出さなくなってしまって宝の持ち腐れになってしまいます。めちゃめちゃいいレンズだよという声がそこここから聞こえてくるのですけれども。自分が持って歩こうって思うレンズはやっぱりもっとコンパクトで軽いものが多いです。写真を撮ろうと決めた日は恐らく20km以上は歩くので。
なのでこの辺の換算135mmくらいの画角となると、マウント違いになりますがOlympusの75mmのレンズが良いなーと思っています。300gちょっとと軽量ですし、被写体をしっかりシャープに浮きだたせられるし、今なら電子シャッターを搭載するボディもあって開放をうまく使えるし。

さて、今日はamateurphotographerの記事にX-T10だとISOを簡単に変えられるよ!という情報が載っているのを見つけてびっくりしました。

ISO sensitivity doesn’t have its own control, but can be assigned to a function button, or set via the onscreen Q menu that gives quick access to 16 user-selectable settings. I assigned ISO to the front control dial, meaning I could click the dial in to activate the setting, then rotate the dial to change it. This works really well, and personally I much prefer it to the X-T1’s awkwardly placed, locking ISO dial.

この情報によるとX-T10のフロントコントロールダイアルにISOを割り当てるとダイアルをクリックでISO設定を呼び出せて、コントロールダイアルをグリッと回すとISO感度を変更できるとか。

コントロールダイアルのクリックが必要ではありますが、さっそく試してみたら、うん、動きますよ!いい感じ!なので以前はFn3(後ろのDパッドの上ボタン)にISO感度設定を割り当てていたのを、Fn2(フロントダイアルのボタン)のAFモード切替と入れ替えました! 前後ダイアルとも、設定画面では設定値のスクロールに使えるのですね。便利!!

あ、今日の写真はX100Sで撮ったものです。あしからず。

Featured articles

2016 Best Shot

more

Peak Design - Everyday Messenger

通勤用のバッグを新調しました。Peak DesignのEveryday Messengerというバッグで、通勤のお供にカメラを持ち歩く人にぴったり。 more

FUJINON XF16mm F1.4 R WR

久々にレンズを新調してみました。XF16mm… more