Peak Design - Everyday Messenger

さて、そろそろバッグを新調して一ヶ月になるのでレビューを。
Peak DesignのEveryday Messengerです。

下部はラバーっぽい素材で防水になっています。

このメーカー、Peak Designはもともとサンフランシスコでカメラ周りの製品を企画している会社。leashという簡単に取り外しの効くストラップのシステムや、鞄のショルダーストラップなどにアルカスイス互換のアタッチメントを取り付けてカメラを固定可能とするCaptureなど、便利なので自分も使っています。

で、そこから満を持して送り出されたのがこのEveryday Messengerというカメラバッグ。昨年、kickstarterでもかなりの出資者を集めて話題となっていたのは記憶に新しいところ。最初はそれほど興味なかったものの、あらためて自分がいつも持ち歩いているものを考えてみると、うん、これは自分にぴったりと購入に至りました。

このEveryday Messengerはもちろんカメラバッグとして作られているのですが、他のものと一線を画すところは15inchのLaptop PCが収納可能なところです。実はこのサイズが入るバッグって探してみるとあまりないんですよね。平日は仕事用途で15inchのMacbookProを常に持ち歩いているので、これが収納できることは自分にとって必須条件でした。

カメラバッグとしての機能
このバッグ、カメラの出し入れがすっごく楽です。 今まではChromeのCitizenというメッセンジャーバッグタイプ、もしくはDeltaというリュックを使っていたのですがChromeのバッグは材質が強固すぎて服にダメージを与えてしまうのがネックだったのです。カメラを入れるとちょっと取り出しにくいのも切ないところ。クラッチをパチンと外してベロクロでくっついているフラップをベリリと開けて、さらにバッグの奥底から取り出さなければなりません。これが面倒だなーと思っていたのですが、Everyday Messengerならクラッチがワンアクションでカチャリと外せて、すぐにカメラを取り出すことができます。これはかなり大きなアドバンテージ。比べてみれば、カメラを取り出しふたたび収納するまでの時間が1/4以下になったのではないかなと。

出し入れが驚異的に楽になったことで、今までならカメラを取り出し撮影して収納するまでの時間を考えて「ま、いっか」で通り過ぎていた場面でも、このバッグならすぐにカメラを取り出して撮影できます。

クラッチは荷物の量に応じて4段階の調節が可能です。
メインのコンパートメントの容量はじゅうぶんです。カメラ二つが楽に入るし、仕切りを畳むとレンズもいろいろ入ります。
この間仕切り、ペコっとなって畳める(?)ようになっています。なのでその上からさらにモノを入れることが出来ます。
上部についているファスナーは一つがメインコンパートメントへのアクセス用、もう一つはLaptopを入れるコンパートメント用のもの。防水のためにファスナーにはカバーが付いています。
フラップを開けずとも、ファスナーを開けばすぐにカメラを取り出せます。
小物を入れるスペース。ステッチの切り替えが可愛らしいです。

小物を入れる収納も驚くほどたくさん付いていてバッテリーやカードなどの収納に困りません。
自分が平日持ち歩いてバッグに入れているものはだいたい以下のもの。

  • 15インチのMac
  • カメラ
  • コーヒーを入れてもらう用のタンブラー
  • ヘッドフォン
  • 予備バッテリーやらケーブルなどの小物
これらがぜーんぶ収納できて、素早く出し入れができます。
バッグ内部へのアクセスはフラップを開けることのほかに、上部にファスナーが付いているのでそこからも可能です。

Extra

バッグのサイドには同社製品であるCaptureを留められるストラップとAnchor用のストラップ、小さなカメラを収納可能なちょっとした物入れが付いています。この下にはよりアクティブに動き回る際にバッグを身体に固定するため、もしくはキャリーケースのハンドルに固定できる補助ストラップが格納されています。

フラップには三脚の脚を通す部分があってトラベル三脚も持ち運べるように考えられてます。自分は悲しいかなそのサイズの三脚はもっていないのですけれども・・・。

フラップの内側には三脚の脚を通すための穴があります。
テーブル用の三脚なのであまり参考にはなりませんが、こんな感じで持ち運びます。本当は向こう側へ突き出た脚を付属のラバーバンドで留めて運ぶのですけれども。

メッセンジャーバッグ
メッセンジャーと銘打たれているだけあって、ショルダーストラップを短くすればメッセンジャースタイルで持ち運ぶことももちろん可能です。ただ、ちょっとこの機能に関しては背負った際のフィット感が弱いという弱点があります。これはよくあるメッセンジャーバッグのように根元部分はサイドを広く使って、そこからストラップにつながるような形にしないと難しいのかもしれません。ショルダーバッグとしては問題ないです。あと、欲を言うならストラップが緩みやすいのでもうちょっとかっちりしてれば良かったかなと。

総括
こちらでは大抵の人がLaptopを通勤時に持ち歩いており、そこにさらにカメラをプラスするソリューションとしてのEveryday Messenger。 自分はロードバイクで通勤することが多くユースケース的にもぴったりで、これぞまさに毎日使えるバッグです。通勤途中などで自転車に乗りながら、ふと気づいた風景を撮るのにぴったりです。 ほかに機能的に似ているバッグとしてOnaのUnion Streetや
Timbuk2のSnoopもあってちょっと悩むところもあったのですが、フラップの開けやすさでこちらを選びました。 PCをいつも持ち運ぶ人でカメラも一緒にバッグに入れたいのだけど普通のバッグだとスマートに収納できなくて、と悩んでいる人には是非オススメしたいバッグです。

    Permalink    

Featured articles

2016 Best Shot

more

Peak Design - Everyday Messenger

通勤用のバッグを新調しました。Peak DesignのEveryday Messengerというバッグで、通勤のお供にカメラを持ち歩く人にぴったり。 more

FUJINON XF16mm F1.4 R WR

久々にレンズを新調してみました。XF16mm… more