Sake   

正月に向けて良いお酒が揃いました。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 2500

#x100f

Valore cyan   

旭川空港の中に入っているバローレ シアンのプリンを二種類。とうもろこしとかぼちゃ味。いやほんとトウモロコシとカボチャです。ここでしか買えないものなので立ち寄った際には是非。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 1250

#x100f

RisingSun   

めっちゃ綺麗な風景でした。そろそろXF35mm持ち出して撮ってみようかな。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/4000 sec
  5. 33mm
  6. ISO 400

#x100f

Frozen Trees   

ひさびさに晴れ渡っていて気持ちの良い日です。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/1900 sec
  4. 33mm
  5. ISO 400

#x100f

Oldsmobile 442   

アメリカンマッスルを象徴する車のひとつ、オールズモビル442。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/200 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Higashikawa   

めっきり寒くなって雪はもう根雪となり、これからどんどん降り積もっていく感じになるかと。ところでX100Fのテレコン(TCL-X100II)ですが、若干ディストーションを補正する必要がありそう。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/8500 sec
  5. 33mm
  6. ISO 400

#x100f

Eucalyptus   

ユーカリの葉の形ってまるっこくて、密集せずに付いているのでなんだか造花(?)っぽく見えます。でも面白い。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/500 sec
  5. 60mm
  6. ISO 800

#x-t10  #xf60mm

Pain de Campagne   

冬のうちにちゃんとパンを焼けるようになっておきたくてカンパーニュを焼いてみました。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/60 sec
  5. 60mm
  6. ISO 1000

#x100f

Log   

なんせ薪ストーブは初めてなので春まで薪が持つか心配になります。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/2.4
  4. 1/100 sec
  5. 60mm
  6. ISO 400

#x-t10  #xf60mm

Morning   

現像に使っているソフトウェアをアップデートしてCapture One 12にしました。X100Fで撮ったものはフィルムシミュレーション効くんですけれど、X-T10は非対応だったのが残念。でもリニアグラデーションのマスクは便利です。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/5.6
  4. 1/950 sec
  5. 60mm
  6. ISO 200

#x-t10  #xf60mm

Boning Knife   

日本に帰ってきてからあまり使うことのなかったボーニングナイフですが、北海道に引っ越してお肉屋さんにお願いしてブロック肉を買うようになり、再び出番が増えました。刃は柔らかいタイプと硬いタイプの二種類あって、これは硬いほう。ボーニングナイフは逆手に持つことも考えられている点で他の包丁とちょっと違いますね。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 500

#x100f

Pork Chop   

こないだの肉をオーブンに入れて70℃で4時間、さらにカットしてバーナーで炙って完成。なんだけどデカさが全然伝わらないですね。マスタードをちょこんと載せておくべきだったかも。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 2500

#x100f

Pork Chops   

お肉屋さんに骨つきのリブをお願いした結果、うれしいことにすごいカットでやってきました。フレンチカットっっぽいけれど皮の部分の脂肪が深めに切り取られていて、あばらの下のほうの肉は浅め、骨の残した方は大きめ。形を残して切り分けずに一気にオーブンへ入れた方が良さそう。切り分けてからバーナーで焼き目を作る感じでしょうか。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 640

#x100f

Cheese   

Japacheese Asahikawaのチーズたち。まろやかで和食にも応用の効く逸品。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 5000

#x100f

The tree   

もうクリスマス時期ですもんね。それはそうと、ChromeのアドレスバーのところにNot Secureと表示されてしまうのでそろそろサーバのHTTPS化をしないとなーと思いつつ、面倒すぎるなーとも思いつつ。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/28 sec
  5. 23mm
  6. ISO 6400

#x100f

falling snow   

換算90mmでこのくらいの距離で撮るのが雪降っている感が出ていいのかも。木々と自分の間にある程度の雪の量を確保できるので。もちろん50mmもいいんですけれどね。次はもうちょっと明るい時間にF8くらいで撮ってみようかな。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/2.4
  4. 1/125 sec
  5. 60mm
  6. ISO 1000

#x-t10  #xf60mm

Morning after the snow   

雪が降った後の朝焼けがとてもきれいでした。日が昇ってからも雪の照り返しでいつもより明るくて、気分まで明るくなります。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/350 sec
  5. 33mm
  6. ISO 200

#x100f

Snow   

ついに来ました。X100Fにテレコンつけるとこういう感じに写るんですね。

  1. X100F
  2. f/2
  3. 1/60 sec
  4. 33mm
  5. ISO 200

#x100f

Starbucks Reserve   

リザーブ店のマークがあとから合成したかのように見えたのでした。そう見えるってことは視認性がよいってことなのでしょうか。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/140 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Rocky Salmon   

佐藤水産のロッキーサーモン。鮭の半身を丸ごとトバにしたものです。めっちゃうまいんですよこれ。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/200 sec
  4. 33mm
  5. ISO 800

#x100f

Tokyo and Mt. Fuji   

影絵っぽく撮ることができました。今回は六本木の富士フィルムスクエアでギルバートコレクションを見ることができたのですが、衝撃でした。Group f/64、すごかったなー。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/2
  4. 1/80 sec
  5. 23mm
  6. ISO 2000

#x100f

Fallen Leaves   

東京は秋が鮮やかでいいですね。北海道は冬直前です。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/900 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Muromachi Sunaba   

しばらく東京にいました。寿司にそばに天ぷら、この辺はやっぱり東京の名物かなーって思っているんですけどどうなんでしょうか。

  1. X100F
  2. f/3.2
  3. 1/85 sec
  4. 23mm
  5. ISO 2000

#x100f

Ritual Coffee   

夜xクラシッククローム。日中だと赤が鮮やかに映えるお店なんですけど、夜はこうして色が落ち、これはこれでいい具合に。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 6400

#x100f

Reflection   

奥のノート、何が書かれているのか気になります。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/80 sec
  5. 23mm
  6. ISO 2500

#x100f

Winter Triangle   

星座を探すならこのくらいの設定が一番いいのかもしれません。ISOを上げると途端に無数の星が現れて星座がわかんなくなっちゃうんですよね。ということで中央にはオリオン座、で冬の大三角、右上にはすばるも見えました。外へ薪を取りに行ったら綺麗だったのでパチリと。

  1. X-T10
  2. XF16mmF1.4 R WR
  3. f/1.4
  4. 15 sec
  5. 16mm
  6. ISO 400

#x-t10  #xf16mm

Olds and News   

圧迫感ではなく存在感という点から言うと、古い建物のほうが新しいものを圧倒している気がしています。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/450 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Tokachi Volcanic Group   

十勝連峰。こないだのもそうですけど、クラシッククロームの生み出す藍色がめっちゃ好き。ただ、無理をするとすぐにバンディングノイズに悩ませられます。

  1. Jpeg File

#x100f

A bird on a pole   

電柱に鳥。クラシッククロームがいい味出してます。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/1250 sec
  4. 33mm
  5. ISO 400

#x100f

Pain Complet   

こちらに来てパンをどこで買おうかなーと悩んでいたのですがお隣の当麻町に良さげなパン屋さんを発見しました。Boulangerie廻りみち。パンコンプレは小麦の味がギュッと詰まった絶品。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/2.8
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 500

#x100f

Mount Taisetsu   

薄闇に溶け込んでいく大雪山。肉眼でもぼんやり見えるくらいなのでISOをあげて写真に撮ったらジャリジャリですね。実物はめっちゃなめらかにグラデーションかかって綺麗です。車に三脚積んでおこうかな。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/2.8
  4. 1/30 sec
  5. 33mm
  6. ISO 6400

#x100f

SquareHood   

X100シリーズとX70向けのSquareHood、ついにシルバー塗装版が発売されたので早速送ってもらいました。かっこ良いです。これでキャップをせず、そのまま持ち歩いていつでもすぐに撮れるようになります。街歩きには最高ですね。ただ最近はテレコンつけていることも多いので、どうしようか思案中。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/300 sec
  5. 60mm
  6. ISO 200

#x-t10  #x100f  #xf60mm

Tofu   

最近豆腐ばかりですが、これは東川町の平田とうふ店が作る黒大豆寄せ豆腐。おいしいです。寄せ豆腐ってどうしてもそのまま食べるイメージですが、ほかにはどんな食べ方があるのでしょうか。スンドゥブ?

  1. X100F
  2. f/5
  3. 1/80 sec
  4. 33mm
  5. ISO 1600

#x100f

Rothko-esque   

部屋の壁は左官仕事でなかなかいい味だしているんです。こうしてみるとロスコっぽく見えるなんて思いながらシャッターを切りました。ソウル・ライターのカラー写真も彼の影響を受けていますよね。もう一度見てみたいです。

  1. X100F
  2. f/4.5
  3. 1/80 sec
  4. 33mm
  5. ISO 1250

#x100f

mameta   

豆腐の話は前にも書きました。で、北海道にももちろん美味しい豆腐はありまして、この豆太もそのひとつ。近郊で手に入るところがないか問い合わせて、無事に買うことができました。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/80 sec
  4. 33mm
  5. ISO 200

#x100f

Sunrise   

朝日ってなんだか凄まじいパワーがあるなと感じます。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/550 sec
  5. 33mm
  6. ISO 200

#x100f

Lamb Salad   

ラムをガっと焼いてパクチーを乗せるだけの簡単ラムサラダ。 来年は庭でパクチー育ててみようと考えています。

  1. X100F
  2. 33 mm f/2
  3. f/2.8
  4. 1/80 sec
  5. 33mm
  6. ISO 5000

#x100f

Sunset   

クラシッククロームをきつめにかけて、大雪山が浮かび上がらせました。広いところへ来たので最近はX100Fにテレコンつけっぱなしです。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/1000 sec
  4. 33mm
  5. ISO 400

#x100f

tofu   

東京に住んでみて良かったことのひとつはいろいろな美味しいものにめぐりあえたこと。豆腐もそのひとつで、豆腐に対する考え方そのものまで変わりました。すさまじく美味しいじゃんって。オススメはもぎ豆腐店の三之助シリーズと服部豆腐店の南禅寺豆腐シリーズ。どちらもめちゃうまなので食べてみてほしいです。

  1. X-E1
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/2.8
  4. 1/8 sec
  5. 60mm
  6. ISO 200

#x-t10  #xf60mm

Smart ForTwo   

近くへの移動手段としてだけならとても魅力的な選択肢。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/80 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

The sky   

山に近いこともあるのか天気がコロコロと変わります。雨が降って暗かった空に日が射し始めるとそれまでわからなかったダイナミックな雲の表情が見えていい感じに。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/7000 sec
  4. 33mm
  5. ISO 400

#x100f

Shell   

久々に車に乗って思いましたが、ガソリン高いですね。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/110 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Ready for welcoming guests   

あとはメニューを持ってテーブルへ案内するだけ。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/8000 sec
  5. 23mm
  6. ISO 400

#x100f

iidaya   

どぜう飯田屋。風情のある老舗でごはんを食べるのって得も言われぬ喜びがありますよね。

  1. X100F
  2. f/2
  3. 1/2400 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Breakfast   

野菜をついつい買い込んでしまうので、どんどんピクルスやラペ、漬物になっていきます。昨日はガソリンスタンドで玉子を1パックもらいました。うれしい。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/160 sec
  4. 33mm
  5. ISO 400

#x100f

Snow Season   

山にはすでに雪帽子。もうすぐ平地にも降り始めます。タイヤ交換しないと。

  1. X-T10
  2. XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
  3. f/5.6
  4. 1/450 sec
  5. 55mm
  6. ISO 200

#x100f  #xf55-200mm

Sake   

レアな日本酒でも北海道だと逆に入手しやすかったりするんです。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/2.8
  4. 1/160 sec
  5. 60mm
  6. ISO 400

#x-t10  #xf60mm

Mars and Moon   

月と火星と。星がたくさん見えるところなので望遠鏡が欲しくなります。

  1. X-T10
  2. XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
  3. f/8
  4. 1/160 sec
  5. 200mm
  6. ISO 200

#x-t10  #xf55-200mm

Herring   

生ニシンの塩焼き。めっちゃふわふわでジューシーなのに北海道以外ではなぜか食卓にあがることがあまりないのです。生ニシン自体、年が明けた頃に少し出回る程度でしょうか。今日はこれに上川大雪酒造のお酒を合わせて。これは東京だと銀座シックスの地下に入っている「いまでや」さんで取り扱いがありました。とてもおいしいお酒なのでみなさまも是非。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/160 sec
  5. 60mm
  6. ISO 6400

#x-t10  #xf60mm

Higashikawa-mai   

「東川町には3つの道がありません。ひとつは鉄道、もうひとつは国道、最後の一つは上水道です。」という、いささか鉄板ネタの結婚祝辞を彷彿とさせる話のとおり北海道では唯一上水道がありません。代わりに各家庭では地下水をポンプで汲み上げて利用しています。つまり蛇口をひねるとミネラルウォーターが出てくるのです。風呂を沸かしたり洗い物をするときなどにはちょっと罪悪感さえ感じてしまいます。 この地下水の硬度は一般の水道と比べて若干高めで軟水と中硬水のあいだくらい。弱アルカリ性でごはんを炊いたりパンを作ったりするのに都合が良さそうです。ということできちんとお米を炊いてみることにしました。 東川は米どころでもあります。その新米をきっちりと研いで氷水で浸水すること2時間、そこへほんのちょっぴり日本酒と塩、油を加えて硬めに炊きあげ、ちょうど2日前に作ったいくらの醤油漬けがあったのでそれをばらりとかけていただきます。 こんなにかけたらお米の味が・・・となるところですが、硬めに炊き上げてあるので最初はいくらの旨味から入り、噛むごとにお米の旨味が押し寄せる感じ。舌の上を転がっていく食感もいいですね。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/120 sec
  5. 60mm
  6. ISO 6400

#higashikawa  #x-t10  #xf60mm

Just moved   

写真のまち、東川町に引っ越しました。 静かで広くて風景は綺麗で近くに温泉がたくさんあってご飯が美味しくて周りの人たちはみんな親切で、とても住みやすい場所です。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/1000 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#higashikawa  #x100f

Sculpture   

MissionのBart駅に飾られているWilliam George Mitchelの彫刻。駅にいろいろと特色を持たせたアートを飾ろうという活動の一環なのですが、最近は若干後退気味に感じてしまいます。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/480 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Carpe Denim   

なんともコテコテなコピーを見つけました。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/28 sec
  5. 23mm
  6. ISO 1600

#x100f

Omnivore Books   

料理本の専門店であるところのOmnivore Books。品揃えがすさまじいというより店員さんの知識が凄まじいです。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/300 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

On the Street   

暑さを逃れるべく影を選んで歩くのも楽になりました。そもそも気温もかなり過ごしやすくなりましたね。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/550 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Embarcadero Center Buildings   

エンバーカデロのオフィスビル。ラックマウントのサーバ群に見えてしまいます。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/950 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

包丁余話   

辻留二代目、辻嘉一の包丁余話。ハードカバー版のこの表紙がなんともいいです。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/2.4
  4. 1/110 sec
  5. 60mm
  6. ISO 6400

#x-t10  #xf60mm

All in one   

確か40cm級のフライパンでした。このくらいのサイズになると洗ったり収納したりは大変なのですが、それでも一気に朝ごはんを作れるのは便利です。まずはバターをひいてパンを2枚載せ、焼き目がついたらその側でチーズを挟み込みます。次に卵を割り入れてしばらく待ち、頃合いを見計らってパンをひっくり返す。そうしたらハムを載せたらあとはもうちょっと待つだけ。

  1. iPhone 6s Plus
  2. iPhone 6s Plus back camera 4.15mm f/2.2
  3. f/2.2
  4. 1/30 sec
  5. 4.15mm
  6. ISO 125

#iphone6splus

Ladders   

さて、日本に帰ってきております。で、まもなく引越し予定。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/500 sec
  4. 23mm
  5. ISO 250

#x100f

Eyes   

目の透明感がすごいです。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/3500 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

F-Train   

Lightroom + VSCOでお気軽フィルム風。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/420 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Mushroom Chips   

台湾土産にしいたけチップスなるものをもらいました。これ美味しいですね!

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/160 sec
  5. 60mm
  6. ISO 5000

#x-t10  #xf60mm

Probat   

Four Barrelの焙煎機。さすがに手ぶれ補正なしで1/7秒のシャッタースピードは・・・ぶれます。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/7 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Skater   

ギュッと込められた力

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 1/1900 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Arch   

あまり人の歩いていないところにこういう綺麗な人造物を見つけると嬉しくなります。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/160 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Yellow   

いろんな色やいろんなかたち。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/250 sec
  5. 23mm
  6. ISO 500

#x100f

ZAP   

Clarion Alleyのミューラル。ちゃんと敬意が払われているのか、上から落書きされることはありません。そこがすごいなーと思います。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/8
  4. 3/25 sec
  5. 23mm
  6. ISO 800

#x100f

Colette   

ひび割れた表面が油絵のクラクリュールみたいになってクラシカルな印象に。意思や強さが感じられるようになりますね。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/550 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Sunlight   

さまざまなシェイプが組み合わされていて面白い場所です。でもザラザラになってしまったのでせめてF5.6くらいまで開けておくべきだったなーと。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 10000

#x100f

Fountain   

水や泡の形が面白いなーと道路のわきでこれを撮っていると、これは有名なものなんじゃないか、記録しておくべきなんじゃないかという観光客の人たちがわらわら集まってきてみんな写真を撮り始めるという事態に発展しました。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/300 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Lexus   

市内にはめっちゃたくさん車の修理工場があります。ほんとにたくさん。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/250 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Jackson Brewery   

1906年の地震で半壊するも、めげずに作り上げたネオロマネスク建築。で、せっかく完成したのにも関わらず1920年には禁酒法が施行されるなんて悲劇です。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/3000 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Proudly American   

SKYYをはじめ、実はスピリッツ系もいろいろとサンフランシスコで生まれています。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/80 sec
  5. 23mm
  6. ISO 400

#x100f

walkers in the dark   

夜の散歩

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 4000

#x100f

The tower in the dark   

ISO12800で荒れた感じを、と思ったのですが予想以上に荒れたのでISO6400くらいがこういうのに向いているのかも。ちなみに荒れたついでにポストプロセスで追いノイズ足してあります。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/800 sec
  4. 23mm
  5. ISO 12800

#x100f

Pentax ME Super   

定期的に生えてくるフィルムカメラ。今回はPentaxのME Super、電子的な機構が組み合わされておりMXよりも小さく持ち運びに便利です。特筆すべきは露出優先モードが搭載されシャッタースピードダイヤルがないことで、マニュアル操作時はその調整をボタンで行います。シャッタースピードは1/2000秒まで対応しておりレンズ開放側もなかなか使えますよ。構図とフォーカス、そして絞りを決めたらシャッタースピードをカメラに任せてシャッターを切るだけの簡単操作。今はフィルムカメラを持ち歩く際にデジカメも一緒に持ち出す人は多いのではないでしょうか?そんな方々に軽量ソリューションの一つとしてもうちょっと注目されても良いカメラではないかなと思います。

  1. X-T10
  2. XF60mmF2.4 R Macro
  3. f/4
  4. 1/160 sec
  5. 60mm
  6. ISO 1250

#x-t10  #xf60mm

600 California   

影のトーンが綺麗でした。iPhoneでもよく撮っているので次買うモデルは容量大きめのものにしようと思ってます。撮影に使うアプリはHalideで、必要な機能にすぐアクセスできるのがお気に入り。PostProcessにはCapture Oneを使って調整し、ちょっとノイズを足しました。

  1. iPhone 6s Plus
  2. iPhone 6s Plus back camera 4.15mm f/2.2
  3. f/2.2
  4. 1/725 sec
  5. 4.15mm
  6. ISO 25

#iphone6splus

Painting   

壁画アーティストチームを見かけました。みんなフーディーかぶって黒ずくめ。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

before opening   

開店直前の整った雰囲気が好きです。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 1250

#x100f

The author   

晩ご飯にポキボウルを食べたあと、帰り道で本屋さんに寄りました。目的の本があるわけではなかったので棚をみて回り、何か良いものはないかと探していた時にデザイン書の棚でたまたま見つけた一冊。「前から辞書を書いてみたいと思っていた」という序文で始まるその青い本はたしかに辞書っぽい体裁を取りながらも心温まる描写で、対象となる単語に対する作者の捉え方はもちろん、人柄までもが活き活きと伝わってきます。ちょっと立ち読みしたあとにやはり手元に置いておきたくなったのでレジに持って行くと、店員のお姉さんが「これはサインがないのかしら」と言い出すのです。なんのことかわからなくて、これはサイン付きのやつを持ってくるべきなのだろうか、ひょっとしてサインで値段が違うのだろうかなどと邪推するしかありません。所在無くおずおずと棚のほうへサイン付きのものがないか探しに戻ろうとすると、彼女はレジの横にいた男性を紹介して「彼が作者よ、ラッキーね」と。

  1. X100F
  2. f/2.5
  3. 1/200 sec
  4. 23mm
  5. ISO 12800

#x100f

Munis   

今までは架線から電源供給して走るトロリータイプのバスが多かったのですが、どんどん電源内蔵型のバスが増えてきました。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 640

#x100f

Red Helm   

このヘルメットがめっちゃ似合っててかっこよかったです。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/600 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

45 Days   

友人宅でCôte de Boeufを焼きました。45日熟成ともなると繊維がほどよい感じにほぐれてくるので焼き加減がシビアではなくなるのがありがたいです。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/17 sec
  4. 23mm
  5. ISO 12800

#x100f

Stags' Leap   

ナパの中でも開放的でおしゃれなStag's Leap。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 1000

#x100f

Heath Ceramics   

食器屋さんに行って、以前とは自分の好みが変わっていることに気がつきました。写真の撮り方にしてもそうですよね。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/200 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

The Bridge   

ゴールデンゲートブリッジの印象ってこんな感じに、だいたい霧に覆われているイメージ。

  1. X100F
  2. f/5.6
  3. 1/1900 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Spice Ace   

地中海系の料理を好きになってきたのでおうちでも作ってみようとスパイス屋さんに。このSpice Aceは胡椒だけでもすさまじい種類があって全然飽きません。ところがそれだけ種類があると今度は何を選べばよいかわからなくなるのです。店員さんのアドバイス必須。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/80 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Tartine Bakery   

タルティンベーカリーのPain au jambon、ハムとチーズのはいったもの。クロワッサンていつもポロポロと崩れちゃってうまく食べることができません。うまいひとはやっぱり綺麗に食べれるのでしょうか。ところでここTartine Bakeryをはじめ、市内のパン屋でよく使われているCentral Millingの小麦粉をお土産に買って帰りたいのですがなかなか見つからず。ペタルマというサンフランシスコから車で1時間ほど離れた町にあるKeith Giustoというお店にはあるんですけどね。ま、そのうち。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/500 sec
  5. 23mm
  6. ISO 6400

#x100f

Prius Prime   

写真を撮るときにうまくできていなかったなと思うのは光と形の抽出。今まではやっぱり目に見えるものをそのまま写し取る感覚だったので、写真だからこそできる表現にこだわってみたいです。

  1. X100F
  2. f/4
  3. 1/1100 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

Audi   

いわゆる高級車のメーカーってフロントグリルのデザインを揃えてきている印象です。デザインの過程ではあらゆる角度から綺麗に見えるように苦労しているのでしょうね。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/350 sec
  4. 23mm
  5. ISO 400

#x100f

333-3333   

サンフランシスコのタクシーはほぼ観光客向けに絞られてしまい、一般の人はUberを使っています。テクノロジーを利用してコストが引き下げられていくのは利用者としてありがたいものの、タクシーが佇む風景というのは味わい深いものですよね。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/220 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

The Phelan Building   

1906年のサンフランシスコ地震で耐震耐火造を謳っていた初代はあっけなく焼けてしまい、そのあとに建てられたのがこの二代目。

  1. X100F
  2. f/8
  3. 1/420 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Roam Burgers   

また食べ物撮っています。今日はRoam Burger。パテもおいしいし野菜もシャキシャキだし、ポテトもちょうど良い味加減。サステイナビリティに気を使っているお店なのでパテは4K Ranchのグラスフェッドです。日本でも簡単にグラスフェッドが手に入るようになればいいのにと思いつつ。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/75 sec
  5. 23mm
  6. ISO 4000

#x100f

Bernal Cutlery   

おそらく日本製の料理包丁の品揃えがベイエリアで一番、ひょっとしたらアメリカで一番なのがここBernal Cutlery。フランス製のナイフも扱っているので「Le Thiers」のものを探しに来てみました。店内に入るとまず目につく砥石の種類の多さが彼らのマニアックさを物語ります。しかもほぼ日本の砥石。彼らとの包丁や研ぎに関するオタク談義がそりゃもう楽しかったです。包丁メーカーはもちろん、どこの包丁屋で買っているんだとか、日本の作り手やお店の名前を出すとすごいことに普通に理解してくれるんです。最近出版された彼らの本では日本の包丁がものすごく詳しく取り上げられているのでさもありなんというところでしょうか。いやそれでも日本でこんなに包丁やナイフの話なんてしたことなかったですもん。嬉しかったです。買ったナイフは好意に甘えて研いでもらいましたよ。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/2.5
  4. 1/50 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Impossible Burger   

遅ればせながら話題の人工肉を食べてみました。味もほぼ肉です。すごい。人工肉ってベジタリアンの人たちにとってどういう立ち位置になるんでしょうね。肉じゃないから食べられる派、肉みたいだから食べない派にわかれるんでしょうか。

  1. iPhone 6s Plus
  2. iPhone 6s Plus back camera 4.15mm f/2.2
  3. f/2.2
  4. 1/30 sec
  5. 4.15mm
  6. ISO 32

#iphone6splus

Big motorcycle and Small car   

クラシックミニって今見るとほんとに小さいですね。SmartのforTwoやToyotaのiQなんかと比べてもやっぱり小さい。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/200 sec
  5. 23mm
  6. ISO 200

#x100f

Bloody Mary   

週末の朝カクテルといえばミモザとブラッディマリー。特にブラッディマリーは店ごとに味もトッピングも違うのが面白いし、冷製スープっぽさもあるのでメニューのなかに見つけるとついつい頼んでしまいます。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/4
  4. 1/60 sec
  5. 23mm
  6. ISO 1600

#x100f

Sutro Tower on clouds   

遠出するときはX100Fをバッグに放り込みます。 でも行った先でやっぱり欲しくなるのは一番使い慣れた90mmの画角。マイ・ベスト・レンズはもちろんXF60mmです。ではなぜX100Fを持っていくのかというと、それはもちろんX100Fはマイ・ベスト・カメラだから。

  1. X100F
  2. f/11
  3. 1/680 sec
  4. 23mm
  5. ISO 200

#x100f

Laundré   

それなりの期間どこかに滞在しようとすると気になるのが洗濯物。ここLaundréはミッション地区にあるカフェ併設のコインランドリー。ドリンクだけではなくアサイーボウルやブッダボウル、アボカドトーストといった軽食も出している本気カフェスペースは、広いうえに天井も高くてとても過ごしやすいです。カフェ目当てに来ているお客さんもいる様子。夕暮れ時ということもあり、今日はコーヒーではなくパッションフルーツスプリッツァーなるものをいただきました。

  1. X100F
  2. 23 mm f/2
  3. f/5.6
  4. 1/80 sec
  5. 23mm
  6. ISO 320

#x100f